辛く悩んだ勃起不全と今日でお別れ!レビトラが導いた夜の営み

レビトラとは

レビトラは世界で2番目に出来たED治療薬です。バイアグラは1998年頃に製販となりましたが、それを元に改良され2004年頃に製販された薬がレビトラなのです。

レビトラは勃起不全を誘発している体内の酵素の活動を止め、正常に男性器に血液が巡り、勃起不全を癒やしてくれます。
成分に「バルデナフィル」というのがあり、この「バルデナフィル」はとてもに水に融解しやすいという性能があるのです。お陰で体内でも早く取り込まれるため、強烈な即効性が利点なのです。

体調や健康には何も問題はないが、なんらかのストレス等を感じ、上手く勃起できない心因性のEDにも効果が認められています。オナニーは大丈夫なのに挿入の際にうまく勃起できない方、行為の最中に何かしらの不安を感じ中折となる方にもちゃんと効き目があります。

なお、多くのお薬同様にレビトラは勃起不全を直してくれるED治療薬であり催淫などの効能はないため、飲んだ後、興奮を感じていない状態で勃起はしません。勃起するためには、脳内で性的な興奮を感じるということが必要なのです。

バイアグラのような非常に強い勃起力を促進してくれるということはありませんが、だとしても勃起の硬さは充分で、中折などは発生しません。
勃起がナチュラルである分、恋人に何かの薬等を飲んでいるという部分に気が付かれないのも利点の一つであるといえます。

また、いままでのお薬の弱点でもあった食事に影響される部分も、レビトラは打ち勝っています。軽めの食事ならば効能には問題ありません。ですが空腹時と満腹時の薬の効果において違いがあり、空腹時のほうが効果が高いというデータがあるので、100%本来の薬の効能を使いたい場合は、空腹時に服用してください。

効果時間も過去のお薬とくらべて若干長めの5時間から10時間です。薬の量において違いがあり、レビトラ10mgの場合は大体6時間前後、20mgの場合だと10時間前後の効果時間がデータとして確認されてます。この効果時間の素晴らしさもレビトラの利点となってます。

副作用においては血液の循環が高まるため、目の充血や、動悸、頭の痛みを感じる人も確認されてますが、これらは服用した方が感じられる薬の効能みたいな感じですので、不安を感じないでください。
もし頭痛が強い場合は市販の痛み止めを服用しても大丈夫ですのでご安心ください。